ダルメシアン カレンとの日々

ドッグショーや訓練,etcダルメシアンとの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新たなる挑戦12

未だに、ダルメシアンの1番になった事のないカレンであったが、MCCを2枚獲得し、
チャンピオン完成は、すぐそこであるように思えた。
しかし相模湖ピクニックランドのドッグショー後、ヒート(発情)を迎え、
ヒート後のドッグショーでは連続して以前に勝っている相手にも負け、
状態維持の難しさを痛感していた。

ドッグショーの審査では、体格やスポット・歩様という、外見的な要素が審査では
重要と思われがちであるが、内面的な要素も重要であった。

ドッグショーの参加している犬たちのオーラが、それであった。
オーラは、普段いかに、活き活きと元気よく生活しているかが
ハッキリと現れるのであった。

そういう判断があったわけではないが、ドッグショーの数日前だというのに
カレンの大の仲良し「グレースちゃん」と「さくらちゃん」とドッグランで
遊んでもらったりして、リラックスしていた。
DSCN1292.jpg

 
そうしているうち、若葉の薫る5月の日曜日、郡山で東北インターが行われた。

東北インターの審判はオーストラリアの審判員、いわゆる「外人ジャッジ」であった。

一般にドッグショーの審判は、日本人ジャッジよりも、外国人ジャッジの方が、
犬を良く見てくれるといわれている。

日本人ジャッジによく言われることとして、「上を見て審査している」という言葉あった。

「上を見て審査している」とは、犬を見るよりも、犬を引いているハンドラーを見ているという意味で、
犬の善し悪しよりも、プロハンドラーの格で審査をしているという意味であった。
もちろん、一流のハンドラーは犬をきれいに見せる技術があるため、
結果的にそのように見られてしまうという事実があったが、
多くの外国人ジャッジは、プロハンドラーの格を知らないため「下を見て審査している」事が多かった。
初の外人ジャッジにカレンがどのように映るのか、楽しみな大会となった。

スラッと長身の女性審査員は日本人ジャッジよりも、入念に噛み合わせと皮膚の状態を
審査しているようであった。
カレンの噛み合わせは通常の噛み合わせではあったが、欠損歯があった。
一般的には4本までの欠損歯は欠落事項ではないとされていたが、外人ジャッジには、
不可である可能性もあったので、審査の様子をドキドキしながら見守った。

ジャッジは、噛み合わせを、特に気にしている様子はないようだ。
皮膚と毛並みの審査も無事に済み、歩様の審査まで順調に進んだのだが、
カレンはピョコン、ピョコンと跳んで走ってしまった。

それでも、ノンタイトル犬の1番になり、後はチャンピオンとの戦いである。
通常の審査では、チャンピオン2頭の審査が終了し、次はカレンといっしょに審査するはずであった。

しかし、審査は外国方式であったのか、3頭並ぶことなく、カレンが1番に選出された。
「えっ、ほんとに?」うれしさよりも、あっという間の選出に、意表を突かれた。

外国人ジャッジの「下を見る審査」で初のベストオブブリードは、私とカレンにとって、
うれしくもあり、自信になったのだが、審査の意外性と、
宿敵と勝手に決めていた「キャラメルちゃん」の欠席により、どこか、
すっきりしないベストオブブリードであった。


DSCN1413.jpg

と今日はこの辺で
ポチッと応援をお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/08/31(火) 22:29:12|
  2. ドッグショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新たなる挑戦13 | ホーム | 感謝・感謝>>

コメント

かれんちゃんは、たくさんの体験をしているのですね!
そして子供を産んで・・・
頭が下がります。かれんちゃんはすごい!!

ここしばらく自分のブログでおしまい!の日が続き、
ご訪問出来ずにいました。
あらら~、かれんちゃんのお耳、市子ちゃんの指は大丈夫でしたか?
そして化石採りもされて・・・実はペンネとうさん地学大好きなので、
子供が小さい頃は、よく化石堀に行きましたっけ。
(娘の夏休みの自由研究/化石採集or昆虫採集)
ザリガニ君も最近見ないなぁ
・・・
やっぱり見逃しちゃったらダメですね(反省)
  1. 2010/09/02(木) 02:02:53 |
  2. URL |
  3. kabochannelペンネ母 #-
  4. [ 編集]

カレンと一緒に、ドッグショーに参加できたのは、とてもいい思い出なんです(笑)
つらい事もあったけど、チャンピオンになる夢を実現できた時の喜びはひとしおです。

そんな喜怒哀楽をブログの表現できたらいいのですが、なかなか難しいですね。
そんな文章に長々とお付き合いありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

それにしても、パパさんの趣味は私と似てますね(笑)
  1. 2010/09/02(木) 23:46:56 |
  2. URL |
  3. かれんぱぱ⇒ kabochannelペンネ母 さん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://par72even.blog75.fc2.com/tb.php/614-db73bfe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。