ダルメシアン カレンとの日々

ドッグショーや訓練,etcダルメシアンとの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新たなる挑戦11

今日も文字のみです

まずは、「キャラメルちゃん」からの審査である
カレンのお兄ちゃん「リノ君」と同じプロハンドラーK氏にハンドリングされた「キャラメルちゃん」は
訓練の行き届いた感じのそつのないラウンドとポーズを決めていた。

特に「キャラメルちゃん」のステイポーズはほれぼれするくらいの、完成度であった。
「今にも獲物に飛びかからんとする姿勢」まさに、そのまま教科書どおりのステイポーズであった。
「キャラメルちゃん」は、普段は甘ったれの、ふつうのダルメシアンなのだが、
リングに立つとショードッグに変身するのであった。

アジアウイナーの古豪のダルメシアンも落ち着いたラウンドとポーズを決めていたが、
発散しているオーラに少し翳りを感じるようだった。

ステイして待っている2頭のチャンピオン犬のあとに、カレンがトロットで入場し、3頭並んでの、
ステイ、歩様審査が行われた。

審判員は3頭を見比べている
前から後ろから、横から

すでに心は決まっているようであったが、もう一度リングをラウンドするように指示を出した。

「キャラメルちゃん」を先頭に「アジアウイナー」、カレンと続いたが、
カレンは、前の2頭に引けをとらない、いい歩様であった。


 チャンピオンにノンタイトル犬が勝つ事をオーバースペシャルといい、
ノンタイトル犬にとっては、めったにないことであったが、
それを期待させられる良い出来にみえた。

「もしかしたら」と期待をして見ていたが

審査員は元気にきれいに走る「キャラメルちゃん」を指さした。

その瞬間「キャラメルちゃん」のハンドラーK氏が、ガッツポーズを挙げた。
そのガッツポーズに審査が接戦であった事を悟った。

カレンの同犬舎の「キャラメルちゃん」が「アジアウイナー」をやぶっての勝利は、
うれしいには、うれしかったが、中部インターに続き「キャラメルちゃん」敗れたことにより、
「キャラメルちゃん」は、我が家とカレンにとって、良い目標であり、宿敵となった。


と今日はこの辺で
ポチッと応援をお願いします

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/08/25(水) 23:22:23|
  2. ドッグショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<いろんな心配 | ホーム | 新たなる挑戦10>>

コメント

カレンちゃん、頑張れ!って力が入っちゃいますね。
まるで、ライブで会場にいるような・・・
(次も会場に行きます!)

審査員が指をさす瞬間、
いつもドキッとしています。
  1. 2010/08/27(金) 23:22:30 |
  2. URL |
  3. kabochannelペンネ母 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

実際のショー会場では、離れているところから
カレンに気づかれないように、見ているんですけど
素人目には、判断できないので、いつも、ドキドキでした。

飼い主は高見の見物とはいかないようです(涙)


  1. 2010/08/28(土) 08:26:07 |
  2. URL |
  3. かれんぱぱ⇒ kabochannelペンネ母 さん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://par72even.blog75.fc2.com/tb.php/609-895d5187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。