ダルメシアン カレンとの日々

ドッグショーや訓練,etcダルメシアンとの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新たなる挑戦8

ごめんなさい今日は長いですよ~~


中部インターナショナルドッグショー敗戦後、カレンのドッグショー参戦は白紙に戻されていたが、
4月のアジアインターナショナルドッグショーについては、1月に出場申し込みが締め切られるため、
カレンの出場はすでに、決まっていた。

あれこれと考える間もなく、私はカレンとのドッグショー訓練は続けるしかなかった。
これで、結果がでなければ、ドッグショーを撤退するという決意でカレンの体調と相談しながら、
日々、坂路に自転車に、トレーニングを重ねていった。

1950年から始まったアジアインターナショナルドッグショーは日本では最大規模のドッグショーで、
3000頭余りの出場犬数を誇っていたし、年に1回しかないジャパンケネルの本部展であるため、
他のクラブ展やインターナショナルドッグショーとは一線を画していた。

アジアインターナショナルドッグショーで勝利すると、アジアウイナーとして、
血統書に裏書されることも、特別たる所以であった。

そんな大きな大会への出場は、申し込み当時、カレンのパピークラスでの好成績に
有頂天になっていた我が家の奢りに他ならなかったが、出場するからには、
恥ずかしくない状態にするという決意もあった。

痩せすぎてしまっていた中部インターの後、運動量のコントロールと、高カロリーの食事により、
カレンの身体は理想に近い状態になった。

東京ビッグサイトで行われた大会に、早朝6時にカレンをあずけ、審査の10時30分までの間、
我々家族はカレンを近くから観る事は出来なかったため、子供たちと、近所の公園で時間をつぶした。

我が子たちは、ドッグショーよりも、公園で遊ぶ事に夢中になってしまったため、
ドッグショーのようすは、「リノ君」ファミリーから後で聞くこととなった。

2007年のアジアインターナショナルドッグショーには日本全国から優秀なダルメシアンたち雄7頭、
雌12頭が出場していた。


カレンの最後のドッグショーになるかもしれない大会であったが、去年の覇者やカレンが
負けた神奈川インターや中部インターの勝者も出場し、まさに日本一を決めるにふさわしい大会でもあった。

 雄の審査では最有力と思われていたM氏擁する「チャー君」が敗退し、波乱を予期させられた。

 雌の審査では、まずはカレンと同等のチャンピオンではないクラス(ノンタイトル)の審査が行われ、
一番若いカレンが勝利した。
P4010273.jpg

 カレンはその後、チャンピオン犬4頭との戦いが待っていたが、残念ながら8歳のインターチャンピオンのダルメシアンに負ける事になった。
P4010308.jpg


そのままで審査が終了することもあるのだが、5頭以上の出場犬数があり、
勝った犬に準ずると審査員が判断した場合にかぎり、
アワードオブメリットという賞が選出されることになっていた。

 カレンは1番にはならなかったが、そのアワードオブメリットという賞を受賞し、
初めての勝利証明書MCCをもらえたのであった。
P4010346.jpg


公園で遊びに夢中になっていた我々も、ショー会場からの催促で、カレンが何か受賞した事を知って、
ショー会場へ急いだ。
ショー会場では、「リノ君」ファミリーや「グレースちゃん」ファミリーに、ブリーダーさんたちが、
口々にカレンの健闘を讃えてくれた。


私たち家族は、受賞内容はよく解らなかったが、日本一の大きな大会での堂々とした
カレンの初受賞に、顔を見合わせては、ゆるむ笑顔に、カレンの頑張りを確認しあった。


と、今日はここまで

当時を懐かしめるようになったパパにポチッとね
にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/08/20(金) 22:37:00|
  2. ドッグショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ここ掘れ!ワンワン | ホーム | 新たなる挑戦7>>

コメント

カレンちゃんのお話、初めて知ることも多くて、楽しく読ませていただいてます。
それにしてもやっぱりカレンママは素敵!息子のラッキーは鼻高々(?)で~す。
  1. 2010/08/22(日) 00:05:43 |
  2. URL |
  3. ラッキー母 #EKXDdjuc
  4. [ 編集]

ドッグショーに参加している犬やオーナーさんは
それぞドラマがあるんですよ

楽しい事も、苦しい事も全部乗り越えてチャンピオン犬になります
カレンは運がよくって、比較的スムーズにいった方なんですよ♪

そして、カレンはとってもいい子だし、その子供たちもみんな良い子です♪
  1. 2010/08/22(日) 20:37:06 |
  2. URL |
  3. かれんぱぱ⇒ラッキー母さん #-
  4. [ 編集]

リノ君の美しい立ち姿、かれんちゃんのみごとな受賞シーン・・・
どれもすばらしいですね。
そこまでの大変な訓練を乗り越えることが出来たという
達成感もひとしおだと思います。
ショーでの凛々しいかれんちゃんも素敵ですが
普段ときどき見せてくれるユルイかれんちゃんも大好きです。
(坂道がきらいなかれんちゃん等々・・・笑)
  1. 2010/08/23(月) 02:51:16 |
  2. URL |
  3. kabochannelペンネ母 #-
  4. [ 編集]

ドッグショーは
華やかで、かっこいいんですけど、地道な努力が必要なんですが
犬もやる気にならないと、良い成績は残せないんですよね~

そういう意味では、カレンのやる気=エサをもらえる
だったので、カレンは簡単でしたよ

ゆるいカレンは、目の前にエサがないからなんですよ(笑)
  1. 2010/08/23(月) 13:44:31 |
  2. URL |
  3. かれんぱぱ⇒ kabochannelペンネ母 さん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://par72even.blog75.fc2.com/tb.php/605-41baf865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。