ダルメシアン カレンとの日々

ドッグショーや訓練,etcダルメシアンとの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新たなる挑戦4

カレンファンの方々お待たせしました~♪


来る日も来る日も、カレンの筋力アップトレーニングは続いた

幸いなことに、自営業である私は午前中の仕事が終わると、昼休みの時間がしばらくあったので、
カレンの坂路トレーニングに、その時間をあてることができた。
カレンは朝の自転車散歩、お昼の坂路トレーニング、夕方の徒歩による散歩、夜の自転車散歩と日に4回、
外の空気を吸うことがきたので、心身ともにすばらしい状態に調整できたはずであった。

3月になり、プロハンドラーM氏との話し合いで、名古屋で行われる中部インターナショナルドッグショーが
次のドッグショーの舞台となった。

結果を出す為には、カレンを最低でも、1週間は預からせて欲しいとの要望と
遠距離で開催されるドッグショーである事を考慮し、今回に限りカレンを預けることにした
それが、チャンピオン資格を得る為には早道と判断したための苦渋の選択であった。

ドッグショーの1週間前、M氏の肥育施設のある御殿場に向かった。
道中カレンには、1週間だけ、がんばるように話し、とっておきのカンガルージャーキーを与えた。

初めて見るM氏の肥育施設は清潔な犬舎と広大なドッグランを併設し、
いかにもドッグショーの英才教育がおこなわれている施設であったが、
カレンにとっては、馴染みの場所でもあった。

施設に到着したカレンを見たM氏は、カレンの体躯が細いことを嘆いた。
我が家で完璧だと思われたトレーニングはカレンにとってはオーバーワークであったのである。

中部インターナショナルドッグショーまでの時間は1週間しかないが、
M氏のコンディション作りに期待するしかない。

当のカレンは4ヶ月前を思い出したのか、リードを離すと我が家のように、走り回り、
以前お世話になった職員たちの失笑を誘った。

そんなカレンの姿に安心した私は、カレンが遊びに夢中になっている隙を見計らい
ひとり帰路についた。

早朝2 017

と今日はこの辺で
応援のポチッとをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/08/14(土) 23:03:11|
  2. ダルメシアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<新たなる挑戦5 | ホーム | 犬連れの古都観光>>

コメント

はい

お待ちしてました(笑)
  1. 2010/08/16(月) 21:53:20 |
  2. URL |
  3. ピーちゃん大好きっ子 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://par72even.blog75.fc2.com/tb.php/601-752c7ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。