ダルメシアン カレンとの日々

ドッグショーや訓練,etcダルメシアンとの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新たなる挑戦1

小説風「カレンの伝記」続きです

年が明けて2月の神奈川インターナショナルドッグショーがカレンの
ドッグショーへの新たなる挑戦のはじまりだった。
我が家のドッグショーに参加する目的は、JKCチャンピオンの資格取得であったが
JKCチャンピオンになるためには、参加した、それぞれのドッグショーで発行される
4枚の勝利証明書(カード)が必要であった

神奈川インターナショナルドッグショーは1000頭前後出場する大きな大会であったが
当時のルールでは同一犬種3頭以上が出場し、そのなかで一番にならないとカードがもらえなかった。
当然の事ながら、まだ生まれて1年も経っていないカレンにとっては、
やはりハードルの高いの大会でもあった。

そのような状況もプロハンドラーM氏は冷静に判断し、以前のように、カレンをあずかる事を
ふたたび奨められたが、我が家では、ドッグショーにおける成績よりも、家族とカレンが
一緒にいることの重要性を優先させることにしていたので、ふたたび断り、
ドッグショー当日の朝、あずけるという事にした。
 
神奈川インターナショナルドッグショーの会場パシフィコ横浜に着いた早朝6時には、
すでに多数の犬種が集まり出し、出場者の荷物の搬入や、興奮した犬たちの啼き声で、
喧噪にあふれていた。
それでも、カレンは、ドッグショーに参加する事、M氏のところに行く事を
言い聞かせていたためか、事のほか落ち着いて
プロハンドラーM氏のいるパドックに引き取られていった。

ショーには思惑通り3頭以上のダルメシアンが出場していたが、
カレン同様の若いダルメシアンとともに、すでにチャンピオンになっているダルメシアンも出場していた。

チャンピオンクラス(大人クラス)は若い月齢からジュニア・ヤングアダルト・
アダルトクラスに分かれ、それぞれのクラス勝者の中から、さらに♀の一番である
ベストオブブリード(BOB)を決める事になっていた。

カレンのパピー時代の受賞は、規模の小さな大会がほとんどだったため、ダルメシアン同士で
優劣を競うのは今回の大会がはじめてであった。

そういう意味では、カレンのダルメシアンとしての善し悪しが評価される重要な大会であった。



と今日はこの辺で
ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/08/04(水) 19:56:22|
  2. ダルメシアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新たなる挑戦2 | ホーム | カレン登場7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://par72even.blog75.fc2.com/tb.php/592-bcd98d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。