ダルメシアン カレンとの日々

ドッグショーや訓練,etcダルメシアンとの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JKCチャンピオンの後1

カレンのチャンピオン完成後
我が家では、もともとのドッグショー参戦の目的であるカレンの出産を考えた
カレンのライバルと勝手決めていたキャラメルちゃんは7月に出産をしていたし、
愛犬の子供を見てみたいのは、飼い主として当然のことである
とりあえず、JKCチャンピオンになり、出産の初めの第一歩である繁殖犬としての恰好はついたが、
幸か不幸かチャンピオン完成を決定した北陸インターではJKCチャンピオンより格上の
インターナショナルチャンピオンへの権利(キャッシブ)も獲得していた。

キャッシブは生後1歳3カ月以上の犬が、インターナショナルドッグショーにおいて
好成績を収めた時に発生する権利で、同等以上の大会で、1年間以上の期間を空けて、
4枚の権利を獲得するとインターチャンピオンが完成するものであった。

つまり、カレンがインターチャンピオンになるためには、翌年の北陸インターまでに、
2回と北陸インター以降に、1回、勝つ必要があった。
 せっかくドッグショーに見切りをつけて、普通の家庭犬になることを喜んでいた家族たちをしり目に、
キャラメルちゃんとの勝負付けにこだわった私は、ドッグショーチャレンジを続けることにした。

 それでも、6月末から10月の埼玉インターまでの3ヶ月は、ショーには無縁の家庭犬として、
海に山に、自由奔放に遊びまわった。

DSCN1725_convert_20100930204711.jpg

遊びまわったカレイチファミリーにポチッとね

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/09/30(木) 20:55:58|
  2. ダルメシアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

楽しく訓練

日の出が遅くなり

DSCN6137.jpg

自転車散歩も2頭いっしょに。
ほんとは1頭ずつお散歩の方が好きなかれいち
DSCN6138.jpg

そんなわけで、訓練はそれぞれで行います♪

満足げなカレン
楽しそうに、訓練します

DSCN6133.jpg

真剣に見える市子♪

DSCN6123.jpg

でも、ホントはあっち「キョロキョロ」
こっち「キョロキョロ」!
楽しくなさそう・・・・。

どうしたら、楽しく訓練できるかな???

悩めるパパにポチッとね

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/09/23(木) 10:42:30|
  2. ダルメシアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ドッグショー見学

カレンの子犬
第2子「マナ君」の久々(2ヶ月)ぶりのドッグショー

DSCN0071.jpg

グループファーストでした!

DSCN0022.jpg

第4子「杏里ちゃん」と

DSCN0008.jpg

第7子「サラちゃん」と

DSCN0034.jpg

カレン&いちこ
そして、「リノ君」

修正

応援に行ったつもりが、邪魔しに行ったみたい(笑)

でも

カレンのお兄ちゃん
カレンの子犬たちに会えて
カレンは楽しかったみたい♪

DSCN0038.jpg

なんだか、うずうずしてきたパパにポチッとね

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/09/21(火) 08:17:45|
  2. ダルメシアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新たなる挑戦14

お久しぶりです・・・続きです☆

まだ、星がまたたく頃、カレンと私は必勝を期して、ショー会場のある長野エムウェーブに向けて出発した。
関越道を抜け、上信越道に入る頃、やっとあたりは明るくなってきた。
カレンは車内の後ろの座席に置かれたケージの中で、小さな寝息を立てている。

ショーに向けて、英気を養っているのか、私の運転を信頼しきっているようだ。
私は信頼を裏切らないように、無理のない運転を心掛けながら残り少くなくなってきた高速道路を走った。
 インターチェンジを下りてからは、知らない会場に行く時は、いつものことであったが、
それらしい車のあとを付いて行く。
おもったとおり、15分ほどで、ショー会場の広い駐車場についた。

車を降りると、カレンは、狭いケージから解放された喜びか、大きな伸びとあくびをし、
元気よくしっぽを振って、余裕の表情を見せた。

ダルメシアンの審査は、約3時間後であったため、私はカレンを預けると車の中で仮眠をとった。
「てん、てん、・・ててん、て、てん・・・」車の屋根に雨の当たる音で、目が覚めた。
時刻は審査の5分前であった。
あわてて飛び起き、カメラとビデオを持って審査の行われるリングに向かった。
審査はちょうど、雄の審査が終わるところであった。
雄の審査はプロハンドラーM氏に引かれたカレンの異父兄さん「チャー君」の余裕の勝利であった。
「チャー君」の勝利に気分を良くしているM氏が今度は、カレンを引いている。
M氏の自信が、いつもよりも、カレンをひときわ大きく優雅に見させてくれるようであった。
遠目に見ても、カレンは、耳の怪我を忘れてしまうくらい、
他のチャンピオン犬たちと対等の余裕と落ち着きがあった。

しかし、ステイポーズだけは、あいかわらずの子供体型であったが、
白髪を後ろで束ねたいかにも、頑固そうな審査員は、カレンの後ろに回り、
他のチャンピオン犬と同じようなステイポーズに直してから審査を行った。

審査員はステイポーズの審査のあと、ハンドラーにリングを1周するように指示を出す。
チャンピオン犬2頭に続いて、カレンが走る。
審査員の目はカレンを追っているようだ。

「おや?もしかしたら」の期待が、頭に湧いてきた。
そして、さらに、もう1周の指示が出された。

周回が終わるころ、まさか、まさかの「オーバースペシャル!」
審査員はカレンを指差したのであった。

感激の瞬間に胸はどきどき、爆発寸前であったが、喜びを分かち合える人は周りにはいない、
喜びをかみ殺し、我が家に電話した。
電話越しに、言葉では表せない家内の喜びが伝わってくる、後ろでは、こどもたちも喜んでいる。

ああ、これで、カレンもチャンピオン犬だ。
栄冠というよりは、ドッグショーから解放されるという意味で、
心からカレンのチャンピオン完成を喜んだ。




やっと新たなる挑戦が終了です(笑)
続編に期待したい人はポチッとね
にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/09/14(火) 23:53:14|
  2. ドッグショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

UFO

ごぶさたしてます
けさ、UFOを見ました!

DSCN6112.jpg

「へ~・・・」

DSCN6113.jpg

「そうなの???」

DSCN6115.jpg

「よかったね♪ぱぱ~」

DSCN6105.jpg

「いい加減、子供みたいな事言うのは止めたら・・・・。」

DSCN6104.jpg


ぜったいに、UFOだと思う
そう思う人はポチッとね(笑)
にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/09/08(水) 20:42:54|
  2. ダルメシアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

新たなる挑戦13

いよいよ4枚目のチャンピオン完成に向けて

こうして、3枚目の勝利証明書MCCを獲得したカレンは最後の1枚を賭け、クラブ連合展に出場してみたが、
なかなか、最後の1枚は獲得できずにいた。

6月末から、ドッグショーも涼しい高地や、北にショー会場を移動していく。
その場で、預ける形態をとっていたカレンのドッグショー出場形態では、
6月下旬の長野エムウェーブで行われる北陸甲信越インターで4枚目のMCC獲得をしないと、
9月末までの3ヶ月間出場できるドッグショーがなくなってしまうため、
是が非でも、勝ちたい大会であった。

そんな、はやる気持ちのなかで、事件は起きた。



ショーの3日ほど前の早朝の自転車散歩、いつものように幅広い側道を軽快に走るカレン。
2,30m先から、見覚えのある大きめの雄のイエローラブラドールレトリバーが、
飼い主と一緒にこちらの様子をうかがっていた。
1週間前にも、出会って挨拶を交わしたばかりであったし、
カレンも挨拶をしたがって立ち止まっていた。
 常に友好的なカレンは、何の躊躇もなく雄のラブラドールレトリバーに向かっていった。
お互いの匂いを嗅ぎあい、別れようとした刹那、カレンの「キャイーン」という啼き声がした。

とっさに、カレンを抱きかかえたが、路上には血の跡がついている。
どこを怪我したのでろうか。
落ち着いて観察すると、カレンはしきりに頭を振っている、
そのたびに鮮血が耳からほとばしっていた。
耳を噛まれてしまったのであった。

とりあえずの止血をして、動転しているラブラトールの飼い主に、
心配しないでいい旨を伝え、その場を後にした。

帰宅後、耳の状態を確認し、事の始終を家族に伝え、
ドッグショー直前の事故を、カレンと家族に謝罪した。

カレンの耳は先の方に鉛筆の芯ほどの、穴が開き、かさぶたが出来ていた。
とりあえず止血していたが、頭を振るたびに、かさぶたがはがれて出血してしまうため、
傷口はすぐには治りそうではなかった。

室内で頭を振ると、壁から天井にまで鮮血がほとばしるため、絆創膏と止血剤の貼薬はしてみたが、
異物感によるためか、かえって頭を振ってしまうようで、治療方法に頭を痛めたが
絆創膏と止血剤の効果か、奇跡的に
ドッグショーの前日には、出血しないようになった。



と今日はこの辺で
応援のポチッとね
にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村

テーマ:ワンコ日記 - ジャンル:ペット

  1. 2010/09/02(木) 23:38:30|
  2. ダルメシアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。